整体

 人の健康をサポートする職業として鍼灸師や整体師があり、多くの人材を確保するために募集の数が多くなっている傾向があります。
そこでクリニックや病院などに募集されている求人に応募する時に工夫するとよいことについて紹介します。
これらの職業は求人誌やサイトで行っていることが多く、条件として未経験者でも問題ないことが多いです。
そのため実際にこれらの企業に応募する時には、やる気や業務に対する情熱をアピールするとよい印象を与えやすくなります。
未経験者募集の場合はクリニック側も、応募者のやる気や仕事に対する情熱をチェックする傾向が多いです。
なのでこれらのことを工夫を行うと、未経験者であっても比較的採用されやすい傾向があります。

取り組み

 年々健康をサポートするため職業として鍼灸師や整体師の人気が高くなっており、クリニック側も一人でも多くの方を採用する傾向があります。
そのためクリニック側が行っている取り組みとして、業務経験がない未経験者であっても積極採用するという流れがあります。
需要が高まっているためクリニック側だけでなく、応募者側の認識や人気も高くなっている職業です。
また整体師の場合は資格取得をクリニックがサポートしているケースがあります。
このサポートサービスにより資格所持者でなくても募集に申し込むことが出来るため、より多くの人材を確保出来る流れとなっています。
またクリニックによってはスクール在籍中でも大丈夫な所もありますので、応募者にとってはさらに応募しやすい職業となっています。

施術の違い

鍼灸師は鍼や灸を使って体の不調な部分を改善し健康を目指す仕事です。
本来ははり師ときゅう師は別々の資格なのですが、体のツボを刺激するなどの施術内容が似ているために、現在の養成機関では鍼と灸の知識を同時に学ぶような課程になっています。
鍼灸師は国家資格のため鍼灸院を開業したり、最近では、鍼灸師と柔道整復師の国家資格を持つ人も増えているため、接骨院で仕事をしたり開業している人もいます。
鍼は、ツボに細い鍼を刺して刺激を与えたあとに抜いていきますが、すぐに抜く方法と時間を置いてから抜く方法があります。
また、鍼に微弱の電気を流す方法もあります。
灸は、もぐさを皮膚の上に乗せて火を付けることでツボを刺激していきます。
直接もぐさを皮膚に乗せて行う方法と皮膚ともぐさの間に少し距離を置いて行う方法があります。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年6月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930